出典:メンズファッション販売のSPUTNICKS(スプートニクス)

メンズファッシォン誌のライターです。さあ、季節も暖かくなり、身も軽くカラフルなアイテムを身に纏うようになってきましたね!

オールシーズン人気ですが、特に春夏に人気が上昇し需要が増えるのが「さわやか系ファッション」でしょう♪ 今回は、誰でも爽やかな男性が演出できる‘爽やかファッション’に注目してみました☆

さわやか系メンズファッションブランド

◎=店舗ブランド ☆=通販ブランド

SPUTNICKS(スプートニクス)

シンプルなデザインが多く、どんな組み合わせでも使えるアイテムが多いのが嬉しい。

☆SPADE(スペード)
素材やシルエットにコダわったデザインのアイテムが多く、キレイめスタイルが得意なネットショップ。ウエアから小物まで揃います。 素材やシルエットにコダわったデザインのアイテムが多く、キレイめスタイルが得意。

☆Style Block MEN(スタイルブロックメン)
1枚は持っておきたいマストアイテムが揃い、幅広い展開。取り扱いはショップリストにあるため、「スタイルブロックメン」で検索しましょう。

◎JOURNAL STANDARD (ジャーナルスタンダード)
デザイン性の高いものからシンプルなものまで、独自のセレクトで常に高い人気。

◎UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)
日常着からビジネスウェアまで、大人に向けたファッションを提案。

おすすめコンテンツ
男性のオールインワン化粧品とメンズコスメのおすすめ 男性の医療レーザー脱毛

さわやか系メンズファッションのコーデ3つのポイント!?

ー原色よりも中間色を!ー
まずは色選びですが、ここは必ず原色よりも間色または中間色! 純度が高く強烈な印象の色である「原色」ではなく、その反対にある、柔らかくあたたかい感じの色である「間色」や「中間色」を選びましょう。

原色は印象的で明るい印象を与えることが出来ますが、しかし‘爽やか’を醸し出したいなら少し控えめにするのが正解です。

例えば、鮮度の高い青を選ぶなら、パステルカラーの水色を選んだり、まるで鮮血のような赤を選ぶなら、少しくすんだ感じで落ち着いた印象を与えるえんじ色を選ぶといった感じです。

爽やかなイメージの代表的な存在である‘白’も、まるで光を放っているような真っ白よりも、少しクリームがかったものや生成りがかったもののほうが爽やかに感じることもあるので不思議です。

‘少し控えめで明るい色’がキーワードですね♪

ーサイズはジャストサイズで!ー
そして次に大切なのはサイジング。 これはジャストサイズ、もしくはハーフからワンサイズ上までを選んでください。 NGなのは、ピタピタもしくはダボダボ。このサイジングは、‘爽やかファッション’の定義には当てはまりません。

そしてボトムの丈も少し意識してみてください。 長過ぎてシューズのかかとが隠れてしまっていたり、短すぎて貧相な感じにならないように気をつけましょう! コットン等の素材のパンツであれば、くるぶしが見えるくらいからくるぶしが見え隠れするくらいの丈。デニムパンツであれば、甲にかかるくらいか、ワンロールアップできるくらいの丈がオススメ。

‘ぴったりすぎず、少しだけ余裕のあるサイズ’がポイントです!

ー行き届いたお手入れを♪ー
そして何より大切なのは、きちんと‘お手入れ’されていること。

白シャツにチノパンという爽やかな組み合わせをしていても、シャツはシワがついたままでヨレヨレ、パンツは裾が汚れて黒くなってる…なんてガッカリ。

パステルカラーのニットに白のパンツを合わせた爽やかコーデなのに、ニットは毛玉がたくさん、白のパンツには食べこぼしの跡がついてるし下着が透けてるし…なんてガッカリ。

アイテムのデザインやコーディネートだけでなく、‘きちんとお手入れしている’=‘爽やか’に繋がりますよ! 洗濯やアイロン掛け、香りにまで気を使ってやっと完成なのです♪

さあ!爽やかな季節が到来したので、ファッションも一気に爽やかにチェンジしましょう! これで第一印象での好感度はばっちりで、きっとモテますよ♪

スポンサーリンク

メンズファッションブランド一覧・服装の系統、できる限り全部まとめてみました!

メンズファッションブランド一覧・服装の系統、できる限り全部まとめてみました!こちらの記事もあわせてみてくださいね。

アパレル販売員をしたのち、雑誌社でメンズファッションのライター。最近、またアパレル販売をやっています。 雑誌と店舗で培った知識と情熱をフル活用して、メンズ…