クリスタの使い方をメモ書きでつらつらとまとめていきます。Photoshopを15年以上使ったのち、現在、CLIP STUDIO PAINT EXも併用しています。Photoshopと違って若干直感的に使いにくいところもあってめもしています。おすすめ本も紹介します。

初心者もわかるクリスタの使い方でおすすめ教本・書籍

おすすめの書籍は下記ですが、パルミーの方が圧倒的に効率はよかったです。

以前から気になっていた、イラスト講座サイトのパルミーにお試しに登録してその後、課金してみました。実際の受講経験をもとに、おすすめ講座や本当の口コミ・評判をかいて…

パルミーの講師ぶひぃさんは書籍もだしていますが、評判はよいです。

↑こちらの書籍が1番役立ったかも!

kindle版と紙版がでているため間違えないようにしましょう。

1冊ぐらい参考書を購入してあとはぐぐるのがよいでしょう。フォーラムはあまり見やすくないので、一応、個人的なメモ書きとして以下に残してあります。操作だけは色を変えてあります。使い方講座ってほどでもなく、シンプルなまとめですが、よろしければ参考にしてください。

おすすめコンテンツ
医療脱毛/レーザーが安いおすすめ全身脱毛

クリスタにおすすめな持ち運び板タブ・液タブ

クリスタにおすすめな持ち運びの板タブ・液タブはこちらにまとめました。

ワコム製のペンタブレットといえば、raytrektab DG-D10IWP、そして、意外と忘れていられるけど、ワコム製のペンを採用したVAIO A12(vaio…
スポンサーリンク

クリスタ(clip studio paint)のダウンロード

ダウンロードまでの道のりは以下の通りです。再インストール用にめもしておきます。

ログイン > パスワードを入力 > ダウンロードのタブ > OSを選択してダウンロード

クリスタ(clip studio paint)のデスクトップにショートカットの作り方

clip studio paintを起動するためには2回クリックしなければいけません、これが非常に面倒です。

1回にするために以下からショートカットを作りましょう。

C:\Program Files\CELSYS\CLIP STUDIO 1.5\CLIP STUDIO PAINT

Windowsの場合です。

クリスタ(clip studio paint)の「画像を統合して書き出し」と「別名で保存」の違い

「画像を統合して書き出し」と「別名で保存」は基本的な違いはありません。psdは「別名で保存」、pngやjpegは「画像を統合して書き出し」を利用しています。

ちょっとした違いとして、「別名で保存」は保存後そのファイルがクリスタに残ってしまいます。pngやjpegは書き出し後、エクスプローラー上で確認する流れが多いです。また、「画像を統合して書き出し」の方が書き出し設定を柔軟に指定できるようです。

クリスタ(clip studio paint)で1本だけガイドを動かす

操作ツール > オブジェクト

Photoshopと違ってこの操作ツールを選択しないといけないのが独特です。ぐぐらないと気付かない場合もありますね。

ちなみに、オブジェクトを右クリックでガイド線の消去などもできます。

クリスタ(clip studio paint)でガイド線(定規)の色を変える

初期設定のガイド線の色が見にくいです。。

ファイル > 環境設定 > 定規・単位 > スナップする定規の色

Photoshopはシアン(水色っぽいの)なので、お揃いでシアンにしています。他もついでに変えてもいいかもしれません。

クリスタ(clip studio paint)でガイドを非表示(オンとオフ)

ガイドレイヤーがあるので、そのレイヤーをオフにします。レイヤーパレットを見ます。

Photoshopのように表示メニューをみてしまうとありません。。最初、迷いました。。

クリスタ(clip studio paint)でルーラーをパーセンテージにする

できません。50%とかでよくあわせるのに。。電卓か暗算かでいつも計算しています。。

ガイドの機能を使って中央合わせする方法が楽です。

手順は以下のとおりです。

  1. ガイドを表示。
  2. ツール > 「オブジェクト」でガイドを選択。
  3. ツールプロパティのxの値を数字で直打ち。

クリスタ(clip studio paint)のスポイトツールで画面外の色を取得する

編集 > 画面の色を取得 > ウィンドウを隠して画面の色を取得

Photoshopやブラウザを開いていて画面外の色を取得することはわりとありますね。Photoshopでもできますが便利な機能です。

クリスタ(clip studio paint)のレイヤー数の上限は999枚

クリスタのレイヤー数の上限は999枚(2017年)は少ないですね。たしかPhotoshopは17年前の2000年に販売されたPhotoshop6の時点で上限は8000枚、その後、最大数はてっぱいされてような気がします。

lineスタンプなどアニメーションを作る際にパーツごとレイヤーを分けたりします。そして、キャラのポーズが似ている場合、すべて1つのファイルに突っ込んだりします。差分データを念のため1つのファイル内にとっていることもありますね。その場合、上限に到達してしまいそうですね。。というか、到達してかなり困りました!

到達すると新規レイヤーがグレーに表示され、レイヤーの複製なども灰色になりできないです。レイヤー数を減らすことにより解決します。

現在のレイヤー枚数を確認する方法は現状ないようです。。

クリスタ(clip studio paint)はテキストのフォントサイズを300以上にできない

クリスタはテキストのフォントサイズを300以上にできません。

解像度が高い画像を制作しているとき、本当に困りますね。やっぱりリミッターは外してほしいですね。

クリスタ内で対応するなら、一度ベクターレイヤーに変換して拡大するしかありません(少しフォントのフォルムが変わりますが。。)もしくは、文字入れのみフォトショなど他のソフトウェアを利用します。

クリスタ(clip studio paint)はカーニングできない?、字間・行間の調整は可、一括は不可

字間・行間の調整は一応可能です。

  • テキスト > ツールプロパティ[テキスト] > ツールプロパティ内の、右下のツールパレット詳細パレットのアイコン > フォント > 字間
  • テキスト > ツールプロパティ[テキスト] > ツールプロパティ内の、右下のツールパレット詳細パレットのアイコン > 行間・揃え > 行間

字間・行間は文字を選択して動かすようです。Photoshopと使い勝手が違いますが、1文字ずつ一応調整できます。

複数選択による一括変更、全選択による全変更も不可能なのでテキストツールはphotoshopになれていると使いづらく感じるような気がします。

あとは、文字をラスタライズして移動ツールで調整するとかですかね。。

テキストツールは断然Photoshopの方が使いやすいですかね。。

(追記)中途半端なので個人的には慣れているアドビPhotoshopにわりとすぐ戻りました。。。データ往復してもそっちの方が早い。。

あと、Photoshopは、V/Aの左側で1字ずつ、右側で全体の調整ができるため楽です。UIがいいですね。

カーニングの自動調整にも対応しています。当方CS6。

つまるところ、日本語はうまく文字詰めしてくれない場合があるから、オプティカルでいこうということですかね。

 個人的には、カーニング → トラッキング → 個別調整の順番です。

procreateの使い方

iPadで利用者が増えているprocreateの使い方はこちらの記事にまとめました。

覚書です。Procreateの使い方をまとめておきます。 ただ、Procreateからしばし撤退を決めました。 Procreateのレイヤー数がiP…