ヒゲ脱毛の料金を比較していきます。

湘南美容クリニックなど医療レーザーの髭脱毛の料金比較(総額)、価格でランキング化

医療レーザー脱毛は脱毛サロンの効果が2倍あるとされているため、早く施術が完了します。痛みは麻酔や脱毛機を進化により、思ったより軽減されています。

  • KM新宿クリニックの脱毛部位は鼻下、アゴ、アゴ下、頰で5回52000。日焼け・産毛OKのハヤブサ脱毛
  • リゼクリニックの脱毛部位は鼻下・アゴ・アゴ下で5回59800。日焼けNGで産毛OK、痛みが少なめのライトデュエット(* ヒゲ全体コースもあります。)
  • 湘南美容クリニックの脱毛部位は鼻下・アゴ・アゴ下で6回69800。日焼け・産毛OKで、痛みがさらに少なめのメディオスター

詳しくは公式サイトをみてください。
男性の医療レーザー脱毛/メンズ脱毛サロン11社比較まとめ《ヒゲ脱毛が安いのは!?》

あと、アイエスクリニックは回数無制限59800(鼻下、アゴ、アゴ下、ジェントルマックスプロ)があります

ジェントルマックスプロは臨床データは多いようですが、昔からあるため旧式の脱毛機だったはずです。痛みがあるため、痛み上等な男なら安いしいいかもしれません。

他のクリニックはこれ以上、高くなります。

男性の医療レーザー脱毛/メンズ脱毛サロン11社比較まとめ《ヒゲ脱毛が安いのは!?》

おすすめコンテンツ
男性のオールインワン化粧品とメンズコスメのおすすめ 男性の医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛のヒゲ脱毛の回数と期間

医療レーザー脱毛のヒゲ脱毛の回数は5〜6回です。毛深い人は追加して8回ぐらいやる人もいるらしいです。つるつるにしたいか青髭をどうにかしたいか単に髭剃りを楽にしたいか目的によっても違います。

毛周期の関係もあり、2ヵ月ごとに通うと1年近く最低かかり、回数が多かったり3ヵ月などスローペースになってしまったりすると2年目に突入することも珍しくありません。だから、早めにはじめるのがいいかもしれません。

男性の医療レーザー脱毛/メンズ脱毛サロン11社比較まとめ《ヒゲ脱毛が安いのは!?》

スポンサーリンク

ヒゲ脱毛の脱毛エステエステの予算は医療脱毛と比較すると

脱毛エステはリンクスやメンズラクシアが有名です。詳細の料金表はこちらから確認してください。支払方法は一括前払いと都度払いがあります。
男性の医療レーザー脱毛/メンズ脱毛サロン11社比較まとめ《ヒゲ脱毛が安いのは!?》

脱毛エステのヒゲ脱毛は部位ごとに細かく料金を設定していてところが多数派です。鼻下だけ、アゴだけ、アゴ下だけなどです。ピンポイントでやるならありかもしれません。左右のほほやもみあげももちろんあります。

鼻下、アゴ、アゴ下を全部やると、45000ぐらいが相場のようです。医療脱毛より安いですが、効果が小さいため(痛みも小さい)から回数がかかります。同じ効果を得ようとすると料金的には高くなるかもしれません。

顎は両サイドと中央、顎下(顎裏)と分かれる場合があります。

脱毛サロン・脱毛エステのヒゲ脱毛の回数と期間

脱毛エステのヒゲ脱毛の回数は10回〜16回ぐらいです。医療脱毛は5回〜8回ぐらいですから回数がかかります。

2ヵ月ごとに通うと2年近く最低かかりますし、もしかしたら3年目に突入するかもしれません。

男性の医療レーザー脱毛/メンズ脱毛サロン11社比較まとめ《ヒゲ脱毛が安いのは!?》

ニードル脱毛(針脱毛)のヒゲ脱毛の料金

ニードル脱毛は「ダンディハウス」や「メンズtbc」があります。

お試し体験は安く見せていますが、ニードル脱毛は手間暇かかるのか、30万、50万、それ以上かかるとも言われます。。お金持ちの人はいいかもしれません。。針脱毛は1番痛いことでも有名です。万人にはおすすめできず、医療脱毛の方がおすすめかもしれません。

男性の医療レーザー脱毛/メンズ脱毛サロン11社比較まとめ《ヒゲ脱毛が安いのは!?》

ニードル脱毛(針脱毛)の回数と期間

昔は脱毛部位に関係なく時間あるいは処理する毛の本数によって料金を決めているところもあったようですが、今はほぼ見かけませんね。

首の一部にもヒゲは生えますがここは首から顎やほほにかけての部位として顎下とは別になります。
その他にも首の中央や襟足等も脱毛できる部位にしているところもあります。
このように部位を細かく分けて、施術料金も部位に応じて設定しているエステが多数です。

・料金の目安
ひげ脱毛の方法には、光をあてるフラッシュ脱毛と特殊な針を使うニードル脱毛があります。
フラッシュ脱毛は一括払いがと都度払いがありますが、上記の部位を全て脱毛する時、一括払いでは大卒サラリーマンの初任給1ヶ月分くらいかかります。
脱毛する部位を絞ってほほと鼻下、口下、顎の部位全てとしますと初任給の半月分くらいが目安です。
フラッシュ脱毛で都度払いの場合には、普通のアルバイで稼げる金額の2時間分から2日分程度とかなり価格差がありますが一括払いより割高になるのが普通です。

毛周期によってどれくらいのペースになる(補足)

ひげに限らず体毛には毛周期というひげの生え変わりのサイクルがあります。
これは、毛が伸びざかりの成長期、その後に毛が抜け落ちる退行期、そして、静かに休んでいる休止期というサイクルです。
ひげの毛周期は大体2、3ヶ月、成長期にある毛は全体の毛の3分の1から5分の1といわれています。
脱毛エステの施術ではこの成長期にある毛に対して効果がありますが、休止期などにある毛には作用しません。
そのため最低でも毛周期のサイクルが1回まわるまで、実際には数サイクルまわるあいだ施術を繰り返すことになります。

・施術の間隔と回数
光脱毛は比較的安全な施術で、その分脱毛効果が緩やかに出てきます。
この方法でひげ脱毛をする場合には、一般に数回の施術で脱毛効果が実感できて、10回くらいで満足できる状態になります。施術の間隔は、ひげの毛周期より少し短い1、2ヶ月ですから、完了するまで1、2年、長い人では3年かかることもあります。
ニードル脱毛も同様ですが、こちらはひげを1本づつ処理しますので施術に時間がかかります。
そのため1回の施術で処理できる毛の本数によって施術の回数や期間が違ってきます。一般的な施術回数は光脱毛と同じか少し多くなります。

完全にひげを永久脱毛するために通い続けなければいけない期間

ひげ脱毛をして満足できるというのは、人によって違いますが永久脱毛の場合その人のひげの濃さや本数あるいは脱毛方法によって異なります。

・光脱毛
脱毛エステでよく行われているのが光脱毛です。
この方法は、比較的エネルギーの低い光を照射しますのでやけどなどの心配が少ない安全な脱毛方法ですが、脱毛効果があらわれるまでにはある程度の回数、施術を繰り返さなければなりません。
光脱毛でひげが減ってきたと感じるのは5回前後施術した後です。
10回くらい施術を続けますと、ある程度満足できる状態になりますがまだ完全とはいえません。
ほぼ完全にひげがなくなるには20回(1ヶ月ごとでも2年程度)は施術する必要があります。
ただ、光脱毛は産毛のような薄い毛に対して効果が出にくくなりますので、完全を望むのでしたら後述のニードル脱毛を併用することになります。

・ニードル脱毛
ニードル脱毛は、1本1本の毛を脱毛するという気の長い作業をする脱毛方法です。
この方法は光脱毛に比べて時間も費用もかかり、痛みも強いいのですが、どんな毛でも脱毛できて、その効果も高いのが特徴です。ひげの本数は数万本といわれていますので数万回上記の作業を繰り返しますと完全なひげ脱毛ができます。
ただ最初からニードル脱毛でひげ脱毛をしますと、完全にひげがなくなるまで2年や3年では終わらないこともあります。
そこで最初は光脱毛で大部分のひげを脱毛して、どうしても残ってしまった毛をニードル脱毛で処理しますと時間と費用を節約できます。

男性の医療レーザー脱毛/メンズ脱毛サロン11社比較まとめ《ヒゲ脱毛が安いのは!?》