アパレル屋さんが教える「ゆるふわ女子」のおすすめブランドとモテ服コーディネート♪

アパレル屋さんが教える「ゆるふわ女子」のおすすめブランドとモテ服コーディネート♪

レディースファッションの雑誌とアパレル販売員をやっていた女子です。

花柄のスカートやふわふわしたニットを着た天然女子。男子ウケ120%なのが、この‘ふるゆわ女子’なのです! 分かりやすいフェミニンコーディネートでも、ぶりっ子見え見えでも、それでもやはり男子は‘ふるゆわ女子’が好きなことに違いはありません。

まずはファッションから変えていきましょう♪

ゆるふわ女子とは?

ゆったり+ふんわりとした雰囲気を漂わせて、周囲に「この子、天然なのかな?」と思わせる女子のことをこう呼びます。

そして‘ふるゆわファッション’とは、フリルのついたブラウスにギャザーたっぷりのスカートというような、可愛いというイメージを与えるようなフェミニンなファッションです。

メイクもヘアスタイルも含め、全体的に‘ふわっ’とした印象を与えます。ファッションの流行が変わっても、男子が好きな定番スタイルとして確立していると言えます♪

おすすめコンテンツ
新店舗 病院の医療レーザー脱毛で永久脱毛するならおすすめで安いのは? (東京・大阪など全国対応)

ゆるふわ女子のおすすめブランド

トッコクローゼット(tocco closet)
少し大人の上品なフェミニンスタイルが得意の通販ショップ。シルエットがキレイなワンピースや、テロっとした素材の上品なアイテムが豊富です。
トッコクローゼット(tocco closet)の詳細を見る!

神戸レタス(kobe lettuce)
可愛い系のフェミニンスタイルが好きな方にオススメ。キュートな女の子アイテムが得意で豊富に揃います。
神戸レタス(kobe lettuce)の詳細を見る!

フィフス(fifth)
流行はいち早く取り入れたい!けれど、フェミニンスタイルもしたいという方にオススメ。シンプルなアイテムもですが、流行を取り入れた個性的なアイテムも揃います。
フィフス(fifth)の詳細を見る!

男子にモテること間違い無しの殿堂入りスタイルである‘ゆるふわ女子スタイル’! 普段どんなスタイルの女子でも、ここぞという時に挑戦してみる価値はありますよ♪

スポンサーリンク

ゆるふわ女子のコーデ3つのポイント!?

Xラインを極める!
ふるゆわファッションを極めるには、まず‘Xライン’を極めると言っても過言ではありません! ‘Xライン’とは、ウエスト部分を一番細いラインのこと。つまり、ブラウスやカットソーのトップスとAラインスカートを組み合わせて、ウエストはきちんとマークしてボリュームを抑えるとXラインの完成となります。

フェミニンなアイテムであるスカートで女らしさを強調すると同時に、女性らしい体のラインを強調することにより、最強のモテ服コーデの出来上がりです!

シフォンやレースなどを多用すべし!
男子はとにかく‘女の子っぽいもの’に弱い。
そして意外に多く聞くのが、ついつい触りたくなる素材感に弱いとのこと。サラっとか、ツルンっとか、フワフワっとか、そういった感触に弱いようです。

そこで多用してほしいのが「シフォン」や「レース」といった素材♪

見た目もフワフワ、そして感触も軽くてフワフワのシフォンは、特にスカートに取り入れてボリュームあるラインにしたいですね。そしてレースですが、ワンピースに取り入れてみたり、トップスに取り入れてみてはいかが?

二つの素材に共通するのは‘透け感’!
これもとても大事な要素なのです。肌が透けて見えたり、シルエットが透けて見えたり、その透け感が男子にはタマらないのです☆

基本は淡くて明るい色使い!
いわゆる‘パステルカラー’と呼ばれる、淡い色調で明るいカラーを選んで♪ 同じ明るい色でも、原色を選んでしまうと‘ふんわり感’が低くなる可能性が高いので要注意です。

例えば白のブラウスにピンクのフレアスカートを組み合わせた場合、どちらも淡い色合いなので馴染みやすく、全体的に柔らかくフェミニンなイメージに仕上がります。そして区切りが分かりづらくなる分、Xラインが作りやすくなるのです。

また反対に、例えば白のブラウスに赤やブルーといった鮮やかな色合いのフレアスカートを組み合わせた場合、少しカジュアルな雰囲気に仕上がります。また、下半身にコンプレックスがある場合は濃い色をボトムに使うと引き締め効果が期待できるというメリットもあります。

自分のスタイルやその日の気分によって色を選んでみるといいですね♪


よかったら、シェアしてね♪!

病院の医療レーザー脱毛で永久脱毛するならおすすめで安いのは? (東京・大阪など全国対応)

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Menu Title