《プロ直伝!》『エクストリーム系』のモテ服コーディネートとおすすめブランド♪

《プロ直伝!》『エクストリーム系』のモテ服コーディネートとおすすめブランド♪

アパレル販売員とファッション雑誌ライターをやっていた女子です!

エクストリーム系メンズファッションとは!?

ストリートファッションの定番とも言えるエクストリーム系ファッションは、シンプルですが男性らしさを強調できるファッションと言えます。

元来エクストリームとは‘究極’や‘極限’という意味を持ち、サーフィン、スケボー、スノーボード、マウンテンバイクといったエクストリームスポーツのスタイルと、ヒップホップなどのダンスクラブシーンの2つのスタイルがメインです。

全体的に動きやすいゆったりとしたファッションスタイルが多いのも特徴です。

おすすめコンテンツ
男性のオールインワン化粧品とメンズコスメのおすすめ 男性の医療レーザー脱毛

エクストリーム系メンズファッションのコーデ3つのポイント!

素材にコダわる者がストリートファッションを制す!
特にエクストリームスポーツ系のコーデでは、速乾性や撥水性、保温性を重視した素材を選ぶのがポイント。また、スケボーやマウンテンバイクといったスポーツの際には、破れもあります。だからこそ頑丈な素材を使用したものが多いので、実用性も兼ねて素材にとことんコダわって選ぶと本格的な仕上がりになりますよ。

そして、実用性だけで選んでしまい地味な仕上がりにならないように、ヴィヴィッドな色を選ぶなど、きちんと個性も出してくだささいね。

ゆったりシルエットで男性らしさを!
エクストリームスポーツ系、クラブシーン系共通で、シルエットは‘動きやすい’ゆったりラインにしましょう!

また、細身のラインはどうしてもフェミニンなイメージが強いので、ラインにボリュームを出してあげることで男性らしさもアップします。 ただし、ただ単にサイズが大きいものを選ぶという事ではなく、丈や肩幅はきちんと自分に合ったデザインでラインが太めのものを選ぶということです。その為に、エクストリーム系ブランドのアイテムをチェックすることが大切になってきます。

足元をしっかり作り込む!
エクストリームスポーツ系でもクラブシーン系でも、足元をしっかり作り込むと、全体のコーデが安定します。上記のように全体的にゆったりとしたシルエットなので、足元が貧弱になるとバランスが悪くなります。

ハイテクスニーカーでもローテクスニーカーでも、幅広または甲高のものを選んだり、少しボリュームが足りない際にはシューレースを幅広のものに変えたりと、自身でカスタマイズするのもおすすめ。

例えば夏にサンダルを際は厚手のソックスを履くだとか、冬はムートンブーツを履いてボリュームを出すというのもいいですね。

スポンサーリンク

エクストリーム系メンズファッションブランド

SILAS(サイラス)
1998年ロンドンにてスタートしたブランド。イギリスの伝統とストリートカルチャーそれぞれに影響を受けており、どこかブリティッシュトラッドの要素が入っているのが特徴。また、アーティストとのコラボアイテムも多々リリースしており人気を誇っている。

HECTIC(ヘクティク)
プロスケーターの江川芳文と古着屋ビンテージ・キングのバイヤー真柄尚武が1994年にスタートしたブランド。元々は同名のセレクトショップだったが、人気を博すにつれオリジナルブランドとして確立。スケーターならではのデザインが特徴。

X-LARGE(エクストララージ)
1991年、イライ・ボナーツ氏とアダム・シルバーマン氏によりロサンゼルスにて創設。創設時にはビースティー・ボーイズのマイクDも加わっており、ワーク、ヒップホップ、スケートボードの要素を取り入れたストリートウェアを提案してきた。ブランドアイコンはゴリラマーク。

STUSSY(ステューシー)
1980年、サーフボードシェイパーだったショーン・ステューシーによりスタート。ストリートからファッション通の大人まで、一つの枠にとどまらず幅広くグローバルにアメリカンクローズを展開。

男性的でオシャレ度も高いモテ服ファッションと言える「エクストリーム系メンズファッション」!実際にスポーツをする人もしない人も、ファションとして楽しんでみてほしいです★

エクストリーム系に近いストリート系もあわせてみてくださいね。
アパレルライターが教える『ストリート系メンズファッション』のモテ服コーディネートとおすすめブランド♪

全ブランドから閲覧する場合hこちらです。
メンズファッションのブランド・服装の系統、できる限り全部まとめてみました!


よかったら、シェアしてね♪!

男性のオールインワン化粧品とメンズコスメのおすすめ

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Menu Title