《プロ直伝!》『トラッド系』のモテ服コーディネートとおすすめブランド♪

《プロ直伝!》『トラッド系』のモテ服コーディネートとおすすめブランド♪

アパレル販売員とファッション雑誌ライターをやっていた女子です!

トラッド系メンズファッションとは!?

トラッドスタイルなメンズファッションとは、「トラッド=trad」正式には「traditionalstyle=トラディショナルスタイル」という意味で、伝統的なファッションスタイルのことを指しています。

トラッドスタイルには、スーツやジャケット、パンツを着用したスタイルのブリティッシュトラッドスタイルと、ブレザー×チノパンだったり、ボタンダウンシャツ×チノパンだったりとカジュアルなアメリカントラッドスタイルの2パターンがあります。

つまりは、キッチリとした王道のスタイルと考えればよいでしょう。

清潔感あり好印象を与えるモテコーディネートと言えます。

おすすめコンテンツ
男性のオールインワン化粧品とメンズコスメのおすすめ 男性の医療レーザー脱毛

トラッド系メンズファッションのコーデ3つのポイント!

チェック柄を極める!
トラッドの象徴とも言えるのが‘チェック柄’です。特にブリティッシュトラッドには欠かせません。ジャケット等のメインとなるアイテムに取り入れて、一目見てトラッドコーデと分かるようにでも良し、インナーのシャツやタイ等に取り入れて、さり気なくトラッドを感じさせるのも良し、とにかくコーデのどこかに取り入れる事により、一気にトラッドスタイルが出来上がります!

ジャケットは必須アイテム!
カッチリとしたスタイル=トラッドスタイルというイメージという事は、ジャケットは必須アイテムだと言えます。しかも、きちんと仕立てたジャケットであればトラッド感はかなり増します。 素材や形にコダわり、きちっと感を重視したほうが良いですね。

全体的にタイトなラインで!
トップスもボトムもジャストサイズを選び、全体的にタイトなシルエットを作りましょう。 例えば、ゆったりシルエットになりがちなニットでも、身体のラインが出るくらいのジャストサイズを選んだほうがトラッドスタイルになります。シャツ+ニット+ストレートパンツという定番コーデも、Iラインを意識すると上手に出来上がりますよ。

スポンサーリンク

トラッド系メンズファッションブランド

BURBERRY BLACK LABEL(バーバリーブラックレーベル)
イギリスを代表とするブランド「バーバリー」の伝統は壊さずにしっかりと受け継ぎ、現代の流行りも融合させたアイテムが多数あり、日本の20代半ばから30代の人向けに、日本独自のブランドとして1998年に誕生したブランド。

Paul Smith(ポール・スミス)
1970年にデザイナーのポール・スミスがイギリスでスタートさせたブランド。イギリスのテイラードの伝統的なスタイルを継承しつつ、機能性、実用性を重視、色使いはカラフルで派手なプリントを配したものが多いのが特徴です。

Ralph Lauren(ラルフローレン)
イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジした、アメリカントラッド、アイビーファッションの中心的なブランド。「上流階級の持つスタイル」をイメージしてデザインされたアイテムが多い。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)
アイビールックの伝説的ブランドで、アメトラ(アメリカン・トラディショナル)の代表的なブランドというイメージが強い。また、ボタンダウン・シャツを初めて商品化したと言われている。アイロン不要なノンアイロンシャツや撥水性に優れたブルックスクールスーツなどを開発しています。

ほかの系列のモテ服を知りたい場合、まとめ記事をみてくださいね
男性必見!!系列別メンズモテ服コーディネートとブランドまとめ


よかったら、シェアしてね♪!

男性のオールインワン化粧品とメンズコスメのおすすめ

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Menu Title