男のカーディガンの着こなしとコーディネート術のまとめ(素材と色編)

男のカーディガンの着こなしとコーディネート術のまとめ(素材と色編)

どんなスタイルにも合わせやすい万能アイテム‘カーディガン’について色々紹介してきましたが、最終章としてコーディネート術をざっくりまとめてみましょう!

カシミアなどの薄手のカーディガンのコーディネート

最初に、重ね着の着こなし方です。

まずは、カシミアやアンゴラを使った薄手タイプのカーディガンのコーデから。 カシミアやアンゴラといった素材は、薄手でも充分に保温性もあるあたたかい素材ですので、インナーが薄手でも問題ありません。

この際は、カーディガンをアウターとしてとらえず、ニットとして重ね着をする感覚で着こなしたほうが良いですね。コートを着ることを前提としたコーデは、この薄手のカーディガンがオススメです。

インナーは、ロンTやYシャツとの相性が良さそうです。ボトムはタイトなシルエットを選んでIラインを作るか、少しボリュームのあるものを選んでボトムに重点を置いたシルエットにするかは、気分によって選んでみるのもいいかもですね。

おすすめコンテンツ
男性のオールインワン化粧品とメンズコスメのおすすめ 男性の医療レーザー脱毛

ウールなどの厚手のカーディガンのコーディネート

そしてメリノウールやアルパカを使った、ざっくりボリュームタイプのカーディガンのコーデ。

こちらはコートタイプのカーディガンコートや、丈が少し長めでざっくりしたローゲージのカーディガンなど、アウターとして考えたほうが良いかと思います。ですので、コートのことをあまり考えず、カーディガンで完成するようなコーデを考えましょう。

すると、インナーには少しボリュームのあるタイプを選ぶとバランスが良いですね!ネルシャツやタートルネックなど相性が良いでしょう。ボトムは出来ればタイトなシルエットを選んでバランス良くすると素敵です。

それぞれの素材の特徴を活かして、自分がしたいスタイルに近いほうを選びましょう!そして素敵なコーディネートを完成させてくださいね♪

スポンサーリンク

色は何色が便利!?(男性)

次に色を考えてみましょう。

一般的に合わせやすい色は‘黒’‘グレー’‘ネイビー’ではないでしょうか。これは1枚は持っていたいマストアイテムです。まずはこの色を準備していて損はありません。

しかし、そこから次のステップに進むために他の色にも挑戦したいところです!

購入する際に一番思い出したいのは、クローゼットにある自分の洋服達。インナーはどんな色合いが多いですか?ボトムはどんな色合いが多いですか?コート等のアウターはどんな色合いが多いですか?

インナーやボトムにアースカラーや中間色や白といった淡い色が多い場合は、カーディガンはハッキリした色調がオススメ。黒や赤(赤は黒と一緒だと考えてよいです)や黄や緑、それからいわゆるビビッドカラーと呼ばれるような色も相性が良いですね。

反対に、インナーやボトムに濃い色合いが多い場合は(例えば濃いインディゴブルーのデニムばかり履く等)、グレーやネイビーやベージュ等の中間色や、水色などの淡い色調のパステルカラーなどがオススメです。

もう一度、自分の持ち服を再確認するのもいいかもしれませんね♪

よかったら一緒によんでください★
男のカーディガンでおすすめな通販ブランドまとめ


よかったら、シェアしてね♪!

男性のオールインワン化粧品とメンズコスメのおすすめ

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Menu Title